書名 昆虫標本商万国数奇譚
著者 川村俊一

出版社 河出書房新社

形態 B6・205頁・カバー・帯
発行年 2012
1月
価格 
定価1,600円+税(送料別)
目次 第1部 虫愛づる男、熱帯に吠える(フィリピン「ルソンカラスアゲハ」発見にまつわるお話、パプアニューギニア 黒魔術と友情の島、メキシコ/キューバ シティのシェスタ、ハバナのハリケーン)、第2部虫屋稼業(ゴールデンイヤーズ、思い出すままに、別離と新生)

書名 虫に追われて 昆虫標本商の打ち明け話
著者 川村俊一

出版社 河出書房新社

形態 B6・238頁・カバー・帯
発行年 2009
1月
価格 
定価1,600円+税(送料別)
備考
 「昆虫採集の魅惑」が好評だった昆虫標本商・川村俊一氏の第2弾。好きな蝶を商売にして、その体験を本に書いて、また儲かる、なんて良い商売?と一般の人は思うのだろうか。(注)カバーや表紙が汚れている様に見えますが、そう言うデザインです。
目次 第1章 タイガーヒルに始まる
    第2章 昆虫家の「インド獄中記」
    第3章 昆虫を巡る人々




書名 昆虫採集の魅惑
著者 川村俊一

出版社 光文社

形態 新書判・237頁+カラー口絵4葉・カバー・帯
発行年 2002
7月
古書価格500円+税(送料別)
目次 第1章昆虫に賭ける、第2章新発見への情熱、第3章人と蝶の深い関係、第4章地球上で一番美しい生物、第5章アグリアス・ロドリゲッツィーを求めて、第6章蝶を創る、第7章命を賭けた採集旅行、第8章収集の楽しみ、第9章ヨーロッパ博物学の伝統、第10章蝶と地球